資格

【第二種電気工事士】技能試験候補問題No.12【複線図 】

本記事は第二種電気工事士技能試験、候補問題No.12の複線図の書き方を解説しています。想定条件を設定していますが試験本番では違う場合があるので注意して下さい。

でんちゃん
でんちゃん
技能試験についてお得な情報を発信している無料のメールマガジンにぜひ登録お願いします♪

\複線図練習帳の特典アリ/

【第二種電気工事士】技能試験候補問題No.12【複線図の書き方】

Proficiency Test no.12
この問題のポイント

・コンセント+2灯2点滅を使った問題
・アウトレットボックス+PF管を使用
・2灯2点滅のスイッチ結線を間違えに注意

①単線図を元に各器具を配置する

Proficiency Test no.12-1

器具配置は縦、横、斜めを揃えるとキレイな複線図を書けるようになります。

②接地側(白)と照明、コンセントを繋ぐ

Proficiency Test no.12-2

③非接地側(黒)とスイッチ、コンセントを繋ぐ

Proficiency Test no.12-3

スイッチ(ロ)〜コンセントの渡り線は「黒色」を使用します。

④スイッチと各照明の返り線を繋ぐ

Proficiency Test no.12-4

スイッチと照明、それぞれに対応した返り線を間違えないように。

⑤電線の色を記入

Proficiency Test no.12-5

作業の際に見間違えないように大きく書くのがコツです。

⑥【完成】圧着サイズ・電線の太さ等補足情報を記入

Proficiency Test no.12-6

その他の補足情報を書き込みます。PF管の中は「IV線」なので記入しておくこと。

でんちゃん
でんちゃん
複線図はシンプルですが、施工の難易度が高い問題。見間違えの無いようにキレイな複線図を書くように心がけましょう。

候補問題13問をまとめた記事は【第二種電気工事士】2022年 技能試験候補問題の複線図解説にて解説しているのでコチラも参考に♪