資格

【第二種電気工事士】技能試験候補問題No.6【複線図 】

本記事は第二種電気工事士技能試験、候補問題No.6の複線図の書き方を解説しています。想定条件を設定していますが試験本番では違う場合があるので注意して下さい。

でんちゃん
でんちゃん
技能試験についてお得な情報を発信している無料のメールマガジンにぜひ登録お願いします♪

\複線図練習帳の特典アリ/

【第二種電気工事士】技能試験候補問題No.6【複線図の書き方】

Proficiency Test no.6
この問題のポイント

・3路スイッチを使った問題
・3路スイッチの配線の仕組みを理解する
・3路スイッチ(0)の結線に注意

①単線図を元に各器具を配置する

Proficiency Test no.6-1

3路スイッチは差し込みが3つあるので、書き方に慣れておく。

②接地側(白)と照明、コンセントを繋ぐ

Proficiency Test no.6-2

③非接地側(黒)〜3路スイッチ(右)とコンセント、3路スイッチ(左)〜照明を繋ぐ

Proficiency Test no.6-3

それぞれの3路スイッチは「電源側」と「照明側」を「0」に繋ぐこと。

④左右2つの3路スイッチを繋ぐ

Proficiency Test no.6-4

左右の3路スイッチ同士を繋ぐ色は上下が入れ替わっても動作します。また施工条件にも指定が無いので問題ありません。

How a 3-way switch works

⑤電線の色を記入

Proficiency Test no.6-5

ケーブルの本数が多くなりますが、この作業を丁寧にすることがミスのない作業に繋がります。

⑥【完成】圧着サイズ・電線の太さ等補足情報を記入

Proficiency Test no.6-6

その他の補足情報を書き込みます。特に電線の太さ、圧着サイズや重要だと思うことを記入しておきましょう。

でんちゃん
でんちゃん
3路スイッチは慣れない内は難しいですが、何度も練習してゆっくり覚えていきましょう♪

候補問題13問をまとめた記事は【第二種電気工事士】2022年 技能試験候補問題の複線図解説にて解説しているのでコチラも参考に♪